ホーム >サービス > 著作権
服务项目
专利、商标、著作权相关咨询-联络电话:886-4-23297766
 
著作权

台湾における著作権保護の歩み

著作権は、著作権法の規定により、1985年まで登録しなければ保護を受けることはできませんでした。同年7月10日の法改正で、創作されれば登録することなく保護が受けられることとされた(外国人に対しては、米国人を除き、依然として登録が必要とされていました)ものの、自己登録、著作権認可の制度は残っていました。1992年6月10日の法改正では自己登録が「自己登記」に変更されて「著作権登記簿謄本」を発行することとされました。さらにこの制度は外国人にも一律に適用されることとなり、1985年改正条文まで存在していた、外国人に登録を義務付ける規制は撤廃されました。1998年1月21日には総統令により新著作法が公布され、著作権の自己登記制度は廃止されましたが、製版権登記制度はそのまま残されました。

相関法規

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/fips/pdf/taiwan/shouhyou.pdf